谷根千さんぽ その1 羽二重団子食べに行くの巻

空気は冷たいですが、もうすっかり春ですね!

明るい陽ざしに誘われて、谷中を散策してきました。

 

谷中と言えば、谷中銀座よみせ通り、三崎坂(さんさきざか)、、、と見どころはたくさんありますが、

今日は、千駄木駅をスタートして羽二重団子本店を目標に、東西に散策です。

せっかくなので、大河で注目の渋沢栄一の墓(谷中霊園も回ってみようと思います。

 

❶さあ、千駄木駅不忍通り団子坂下交差点から出発です。

 団子坂上には森鴎外記念館がありますが、今日は、横断歩道をミスタードーナッツ側に渡って進みます。かつて団子坂で賑わった菊人形に因んだ佇まいも趣深い「菊見煎餅総本店」の前を通って、よみせ通りへ。

f:id:tokyoaruki:20210228001852j:plain

団子坂下交差点

❷❸よみせ通りに入ってすぐ、右の路地先に鰻の名店「吉里谷中総本店」とちょっと気になる「指人形笑吉工房」を発見。

f:id:tokyoaruki:20210228001959j:plain

鰻 「吉里 谷中総本店」:古民家レストラン

f:id:tokyoaruki:20210228002240j:plain

指人形笑吉:3人お客様がいたら上演してくれると

 

❹谷中は路地に入っていくと気になるお店をたくさん見つけることができます。こちらのYanaka Red House Button Gallery。現在は予約制とのことですが、猫のオブジェも可愛らしくて気になりすぎます!

f:id:tokyoaruki:20210228002542j:plain

 

❺路地を抜けると、急に視界が開けて、子供たちの楽し気に遊ぶ姿。ここは、台東区防災広場初音の森です。

f:id:tokyoaruki:20210228002827j:plain

 

❻広場と谷中コニュニティーセンターの間を通って階段を上って右手に進むと、、こんな素敵な小道に出てきましたよ。この観音寺築地塀(写真左)は登録有形文化財とのことです。

f:id:tokyoaruki:20210228003028j:plain

 

❼谷中にはお寺が山ほどあります。少しだけお邪魔してみます。こちらは、谷中七福神巡りのひとつ(寿老人)、長安寺の境内です。

f:id:tokyoaruki:20210228003119j:plain

 

谷中霊園に到着、東京スカイツリーが見えてきました。谷中霊園は塀に囲まれておらず、とてもオープンで優しい印象です。

f:id:tokyoaruki:20210228003215j:plain

 

❾イケメン時代劇俳優だった長谷川一夫墓所もあります。(若い人は知らないかな。写真は案内碑。)谷中霊園には、著名人のお墓がたくさんあるんです。

f:id:tokyoaruki:20210228003313j:plain

 

❿向かい側の公園には、幸田露伴の小説五重塔のモデルとして有名な天王寺五重塔がぽっかりとした空間にその礎石のみを残しています。心中騒動で焼失してしまったのです・・・

f:id:tokyoaruki:20210228003819j:plain

 

護国寺天王寺の本堂はこちらになります。元禄時代には富くじの興行を許されて賑わった境内も、今は静かで心洗われる清潔な空間です。谷中七福神巡りの一寺(毘沙門天)でもあります。

f:id:tokyoaruki:20210228003910j:plain

f:id:tokyoaruki:20210228003938j:plain

 

天王寺を出て左手、霊園を右手に見ながらしばらく霊園沿いに進むと、電車の音が聞こえてきます。ここは「芋坂」。この地で自然薯が取れたことから命名されたとか。彰義隊が敗走して駆け下りた坂としても有名です。今はJRの線路を渡る橋が架けられ、JR各線のみならず京成本線も見ることができて、跨線橋の上は鉄道好きには堪らない絶好のビューポイントとなっています。

f:id:tokyoaruki:20210228004805j:plain

f:id:tokyoaruki:20210228005015j:plain

   (芋坂を下り切ったところに、、、)

⓭今日の最大の目的地「羽二重団子本店」があります。

芋坂を駆け下ってきた彰義隊は、当店に立ち寄り、刀、槍などを投げ捨て、そこいらにあった野良着に着替え農民に扮して日光奥羽方面に逃走したとのことです。というわけで、店には彰義隊たちの置き土産となった刀などが展示されています。

焼醤油とあんこのお団子2本と煎茶セットを美味しくいただきました。食い気が勝ちすぎて写真を撮り忘れるという失態(><)。当店のお団子は、夏目漱石正岡子規司馬遼太郎といった文豪たちも好んで食し、その作品にも登場しています。

夏目漱石に因んで、猫の形の最中もあります。

f:id:tokyoaruki:20210228004842j:plain

f:id:tokyoaruki:20210228004908j:plain

 

⓮再びJRを超えて谷中に戻ります。谷中霊園に通じる御隠殿坂の東京っぽくない長閑な感じがとても心地よいです。

f:id:tokyoaruki:20210228004959j:plain

 

⓯右手に今年の大河ドラマの主人公渋沢栄一墓石」が見えてきました。とても大きいので見つけ易く、またオープンで誰でもお参りしやすい気配です。

右隣は最初の奥さんの・・・と教えてくださるのは、霊園の案内のおじさん。私は素通りしてしまったのですが、「栄一のお墓はどこですか?」と尋ねる方に「この先に、、真ん中の大きいのが吉沢亮さん、右隣が橋本愛さん、、、」と説明されていて、ちょっと笑ってしまいました。谷中霊園ってなんてお茶目で明るいんでしょう。

f:id:tokyoaruki:20210228005341j:plain

 

⓰こちらは草彅剛の、、、( ´∀` )。さすがに立派な門で守られています。正面向かって左手が徳川慶喜、右が奥方のものです。

f:id:tokyoaruki:20210228005426j:plain

 

谷中霊園を抜けて、三崎坂千駄木方面に下り始めましたが、こちらはよく通る道なので元の道に戻ってみます。道の突き当りは朱色の門が目を引く加納院です。春の花に良く映えます。

f:id:tokyoaruki:20210228005529j:plain

 

⓲防災広場の階段を下りずにまっすぐ北に進むと蛍坂に入ります。昔は蛍の名所だったそうです。

f:id:tokyoaruki:20210228005559j:plain

 

⓳谷中はクリエーターの街。ハンドメイドのお店がたくさんあります。新しくオープンしたHOW HOUSE EASTです。各種個展などが開催されます。

f:id:tokyoaruki:20210228005631j:plain

 

千駄木駅まで戻ってきました。駅すぐそばの「利さく」。ここのおにぎりが好きなんです。お店の雰囲気も谷根千らしくこじんまりしていて落ち着くカフェです。

f:id:tokyoaruki:20210228010148j:plain

 

 

以上、今日は約9,000歩の散策でした。

今日のルートはこんな感じです。ご参考まで。

f:id:tokyoaruki:20210228012642p:plain