谷根千さんぽ その2 文京区、台東区、荒川区を歩く

谷根千さんぽ第2弾、地下鉄根津駅から谷根千エリアを北上するルートです。

 

 

❶ まずは、「はん亭」。上野不忍池そばにあった串揚げ屋「くし一」さんが趣ある建物に惚れ込んで移転。更に半歩前に進むように「はん亭」と命名したとか。

大正初期からの建物がなんとも風情があります

f:id:tokyoaruki:20210326132838j:image

 

❷ 地元で戦後長く愛されてきた銭湯「宮の湯」の建物を昨年リニューアルオープンしたのがこちら、その名も「SENTOビル」。煙突、ボイラー室はそのままに、地元の人々が集える場所にとデザインされ、「亀の子束子 谷中店」やおしゃれな「カフェ」が入っています。

f:id:tokyoaruki:20210326132917j:image
f:id:tokyoaruki:20210326132914j:image
 

谷根千エリアは新旧融合がとても上手。古い建造物を大切にし、「今」に生かし、「未来」につなぐ、そんな町の心意気を感じます。

 

 

❸ 明治期の古民家を利用した「根津の甚八」は有名な居酒屋さん。一世を風靡したイケメン俳優 故・根津甚八さんから命名

f:id:tokyoaruki:20210326132957j:image

同じ通りにあるお花屋さんも、ヨーロッパの古いレンガ畳の街並みに洒落たお花屋さんを見つけたような、そんなワクワクした気持ちになります。

f:id:tokyoaruki:20210326133052j:image

 


 

 

❹ 不忍通りは低地ですが、それを背に日暮里方面に向くと何本か上りの坂道になっています。

南から善光寺坂、三浦坂、赤字坂、三崎(さんさき)坂、、、

今日は「三浦坂」を上がってみます。坂の左手に美作国真島郡勝山藩の三浦家下屋敷があったことからこの名がついています。

f:id:tokyoaruki:20210326133138j:image
f:id:tokyoaruki:20210326133135j:image

 


 

 

❺ その三浦家屋敷跡にあるのが、「大名時計博物館」です。鬱蒼と木々の茂った敷地の中、レアな和時計(陶芸家 上口愚朗氏の収集した、大名のお抱え御時計師たちの力作)を見ることができます。入場料300円なり

f:id:tokyoaruki:20210326135646j:image

 

❻ 三浦坂から1本谷中寄りの「赤字坂」。いえ、「あかぢ坂」。ここは明治の大財閥渡辺家のお屋敷(写真の石垣の上辺り)があったエリアです。

明石屋こと渡辺治右衛門、略して「あかぢ」。東京の東エリアの土地売買で財を成し、丸の内の土地買収を三菱と競い合うほどの大財閥でした。

渡辺銀行が昭和初期の金融恐慌を引き起こしたことから、お膝元の町人たちは、取り付け騒ぎの大損害。google mapには堂々の「赤字坂」と表記されています。

f:id:tokyoaruki:20210326133645j:image

余談ですが、森鴎外の妻 志げの前夫はこのお屋敷のイケメン三男坊。日本橋芸妓との深い仲が新聞ネタになり、実家が怒って志げを連れ帰り、後に鷗外の奥さんになります。


 

 

❼ あかぢ坂とクロスしてまっすぐ谷中方面へ行くと、三崎坂との交差点左角に土蔵造り風の特徴ある建物があります。

こちらは、台東区立谷中小学校。小学校の前が「三崎(さんさき)坂」です。坂を下ると千駄木駅、反対方向は谷中霊園に上っていく坂です。

f:id:tokyoaruki:20210326133813j:image

f:id:tokyoaruki:20210326135716j:image

 

 

 

❽ 今日はそのまま直進します。以前ご紹介の「初音の森」を過ぎると、右手に小さな公園があります。岡倉天心の旧宅跡で、彼の功績を記念して胸像を収めた六角堂が建てられています。

f:id:tokyoaruki:20210326135740j:image

 

 

❾ 向かい側にはギャラリー併設の素敵なカフェ。

谷中には人気のカフェがたくさんあります。

f:id:tokyoaruki:20210326135800j:image

かき氷「ひみつ堂」はいつも行列で、待つのが苦手な私はなかなか入れません。

f:id:tokyoaruki:20210326135814j:image

 

❿ もちろん、ここは谷中。お寺もたくさんあって、ふらりと覗いてしまいます。

宋林寺さんにお邪魔しました。江戸中期の鋳物師・鈴木定久の手による銅鐘が目を引きます。

f:id:tokyoaruki:20210326135922j:image

f:id:tokyoaruki:20210326135930j:image

 

 

⓫ いよいよ日本で一番有名な階段?「夕やけだんだん」、谷中銀座の端っこに到着です。ここから見る夕焼けと谷中銀座の人波、コロッケの香り、、、昭和レトロな景色が郷愁を誘います。

f:id:tokyoaruki:20210326140024j:image

 

 

⓬⓭ 谷中銀座の誘惑を振り切って、しばらく道なりにまっすぐ進むと右手に急な坂道、富士見坂です。

都内に富士見坂数々あれど、実際に富士山が望める唯一の、、、だったはずが、とうとう見えなくなってしまいました。

f:id:tokyoaruki:20210326140232j:image

坂の手前の「法光寺」には陸軍少年飛行兵の慰霊碑が建てられています。合掌。

f:id:tokyoaruki:20210326140246j:image

 

 

⓮富士見坂を上りきると、そこは諏訪台と呼ばれる高台です。昔から西に富士、東に関東平野、その先に筑波山、日光山を望む風光明媚な土地で、このあたりの寺院は別名「雪見寺」「花見寺」として人々の集まるところでした。「道灌山の虫聴き」などの風流も有名絵師の題材となって残されています。(写真は、浄光寺、諏訪神社

f:id:tokyoaruki:20210326140305j:image

f:id:tokyoaruki:20210326140402j:image

f:id:tokyoaruki:20210326140415j:image

 

今は眼下にJR線路が走り、鉄道好きに嬉しい見晴らしで、「虫の音」ならぬ「電車の走行音」に心が躍ります。

f:id:tokyoaruki:20210326140430j:image

f:id:tokyoaruki:20210326140438j:image

 

 

⓯ 諏訪神社前の第一日暮里小学校の門前には同校卒業生でもある高村光太郎の書による「正直親切」の碑。

谷根千エリアは、現・東京藝術大学にほど近いことから、芸術家たちの居宅も多いようです。

f:id:tokyoaruki:20210326140529j:image

 

 

 

⓰ 道の突き当りにある「西日暮里公園」は、明治期には加賀藩前田家の墓所だった緑深い公園です。山手線の西日暮里駅前と思えない静けさです。

かつて道灌山ひぐらしの里と呼ばれ人々の憩いの場であった諏訪台の様子や、崖下の船着き場の目標となった松があった歴史などが、記されています。

f:id:tokyoaruki:20210326140601j:image

f:id:tokyoaruki:20210326140616j:image

 

、、、いつの間にか荒川区に入ってる!!

 

 

 

 

⓱ 道灌山通りを超えると、超名門高「開成高校」です。思いっきり駅前でアクセス良いですね。

f:id:tokyoaruki:20210326140631j:image

 

 

⓲ そろそろ散策も終わりです。今日のランチは美味しいラーメン屋さん「麺や義」。あっさりめの和風スープが絶品で、来訪2回目です。ラーメン王・石神さんのサインもありますね。

f:id:tokyoaruki:20210326140643j:image

 

 

⓳ こちらのお店は「コロナ禍でも頑張っているお店」と先日テレビで紹介されてました。

f:id:tokyoaruki:20210326140657j:image

 

 

⓴ 不忍通りまで戻れば、上野松坂屋行きのバスがあるので、帰宅も便利です。

 

文京区からスタートして台東区を突っ切り荒川区まで歩きました。

もう数分北上すれば北区の田端。

 

今回のルートはこんな感じでした。ご参考まで。

f:id:tokyoaruki:20210326140704j:image